ハウスメーカーを決める前にやるべきことがある

二世帯住宅建築に際しては数あるハウスメーカーや工務店からどこを選ぶかを決める必要があります。

ハウスメーカーや工務店は、家づくりのパートナーであり、パートナー選びで家作りの良し悪しが決まります

大手のハウスメーカーに依頼するのか、地域の比較的小規模な工務店に依頼するのか?

また、どのハウスメーカーや工務店に依頼すればいいのかなど、パートナー選びは二世帯住宅の建築にとって重要なのですが、本当に難しくて時間・労力が必要になります。

二世帯住宅の場合には普通の家と違って、間取りなどに特にこだわる必要があるので、できれば二世帯住宅を得意としているハウスメーカーや工務店を選ぶようにしましょう。

インターネットで情報収集をしたり、住宅展示場に行っていろんなハウスメーカーを見学したり、地元の工務店の評判を口コミで聞いたり、パートナー選びで疲れ果ててしまう人もたくさんいます

そこでおすすめなのが、複数の注文住宅会社に一括資料請求できるサービスを利用することです。

インターネットで探せばそういう便利なサービスがたくさんあって、ほとんどが無料で利用することができます。

ハウスメーカーのホームページに行って順番に資料請求したり、住宅展示場を回って資料をもらったり、地域の工務店に行ってカタログをもらったりする手間を省くことができるので大変便利です。

2世帯住宅を成功させるコツは、プロに任せられるところは任せて手を抜いて、自分が絶対にやらなければならないことに集中することです。

家づくりは長い戦いになるので、本当に疲れます。途中で疲れてきていい加減になってあとで後悔するという人がたくさんいます。

個人的におすすめなのは、こちらのサービスです。何と言っても最大の特徴は二世帯住宅が得意なハウスメーカーや工務店だけにまとめて資料請求できることです。

↓二世帯住宅の間取りプランと見積もりを無料で一括請求↓

予算に余裕がある場合には、ハウスメーカーや工務店ではなく、設計事務所に依頼して完全な注文住宅を作るのも良いでしょう。設計料など金額は高くなりますが、実力のある建築士が見つかれば理想の家作りができるでしょう。

ハウスメーカーとの交渉では納得できるまでじゅうぶん話し合うことが大切

ハウスメーカーが決まり、プランについてこちらの希望を伝えると、その後住宅の間取り図や建物の外観などのプランや建築費の概算が示されます。

そうしたプランにどの程度こちらの希望が満たされているかをよく確認しなければなりません。

もちろん限られた予算ではすべての要望が満たされることはないかもしれません。

でもこちらが提示したプランでどうしても譲れない部分については、安易に妥協すべきではなく、担当の営業マンと何度も交渉が必要なときもあります、ハウスメーカーの営業マンは長い間のつきあいになる大事なパートナーです。

したがって営業マンとは上手く付き合っていかなければなりません。

でも人と人の関係には相性というものがあります。

もしこの点に疑問を感じるようなことがあれば、会社に対して担当者の変更を申し出ることも必要です。

一生に関わる家づくりという大事な作業を一緒に進めていくのに、担当者と相性が合わなければ決してその先うまく運ばないでしょう。

少しでも疑問に思う事や引っかかる事があれば遠慮なしに申し出ることが後のトラブルを回避するために大切な事です。