二世帯住宅のメリットはお金が節約できること

2世帯住宅を建てるメリットは、何と言ってもやはりお金の支払いの負担を軽くすることができる事でしょう。

最も良いパターンは、実家の両親が使っていなかったり、使っていたとしても100%活用し切れていない土地などを持っている場合です。

その空いている土地を使って、住宅を建築すると丸々土地代が浮いてきます。

一軒家を建築する場合、最初にしなければならない事は土地探しです。

土地探しは経験した事がある人なら分かると思いますが、建ぺい率や容積率の調査などから始まり希望の土地を見つけ出し購入に至るまで大変な時間と労力が必要となります。

たとえ資金に余裕があってお金に糸目をつけなくても自分の希望にぴったりマッチするという土地といのはそう簡単に見つかるものではありません。土地探しには時間がかかると思っておかなければなりません。

そして、両親が土地を持っている場合には二世帯住宅の建築にあたって最もお金のかかる部分である土地の購入代金をゼロですませる事ができます。

住宅を建てる時にかかる費用の大半は土地代であり、上物(うわもの)である建物というのは土地に比べると大してお金はかからないのです。

空いている土地が無い場合でも支払いを2世帯でする分、一人当たりの負担が軽くなります。

この経済的な負担が軽くなるというメリットは、誰でも知っていることだと思います。

実は、二世帯住宅には多くの人に知られていないもう1つの大きなメリットがあるのです。

では、それをご紹介します。

三世代住宅は税金面で有利になる事があります。

二世帯住宅住宅は、一定の条件を充たす必要があるものの一般的に税金面で有利になります。

普通の住宅に二世帯が住んでいる場合には、税金面でのメリットはありませんが、玄関が2つあって、実質的に2つの建物と認められるような場合には、区分建物として登記する事ができ、不動産取得税や固定資産税が安くなります。

区分建物というのは、マンションなどが典型です。

マンションは、全体の大きな1つの建物の中にたくさんの部屋が存在してます。

大きな建物と一棟を登記するのでは無く、一つ一つの部屋を区分された建物という意味で区分登記という登記がされます。

それと同じで、二世帯住宅の場合も、見た目は一棟の建物だったとしても、実質的に二つの建物と認められるような場合には、一棟の建物としてでは無く、二つの建物として登記できるのです。

二つに分ける事で、一つ当たりの土地面積や延べ床面積が少なくなり、その分かかってくる税金の税率が低くなるのです。

結果として、一棟の建物として登記する場合に比べて税金の負担が軽くなるケースがあるのです。

土地の面積などにもよりますが、長い目で見ると、これは大変大きな差になる事があります。